カラミざかり超ネタバレ感想>>

孕み神と憑かれた姪 第1話 叔父さん…たすけて 




僕と姪。

平穏だった関係が、

姪の自慰を見てから一変する。

火照る身体をもてあまし、

僕を求める姪のゆい。

 

”孕み神”のせいだとも知らず・・

 

人気同人サークル・ヨールキ・パールキ先生のヒット作、

孕み神と憑かれた姪

第1話 叔父さん…たすけて

のあらすじ・ネタバレと感想です。

 

孕み神と憑りつかれた姪 第1話 あらすじ・ネタバレ

僕と姪のゆいが山間のふもとで一緒に暮らすようになって1か月。

 

都会に住む僕の兄が事故で急死し、独りになった姪のゆいを僕が引き取った。

ゆいの母親は、ゆいが生まれてすぐに亡くなっているので身内は僕だけだ。

 

僕は街にある高校で教師をしている。

一緒に住むようになって最初の頃は仲良く平穏に暮らしていた。

 

それが、姪の様子が最近おかしい。

食欲もなく、会話も弾まない。

「週末、どこか遊びにでも連れていくか」

 

風呂上りにゆいの部屋の前を通ると、なにやら声が聞こえる。

そっと、ふすまを開けてみると、一瞬、ゆいがなにをしているのかわからなかった。

 

それを理解した時に衝撃が走った。

ゆいは欲情しオナニーをしていた。



孕み神と憑りつかれた姪 第1話 みどころ

やはり第1話のみどころは、ゆいちゃんの自慰

 

半裸になって、畳の部屋でオッパイやお尻丸出しで乱れる女子高生

濡れ濡れで、何回もイってる姿。

 

淫乱な感じで、それを覗き見る叔父さんの股間。

完全に勃起してます。

眼をそらしたいけど、そらせない。


孕み神と憑りつかれた姪 第1話 感想

主人公のゆいちゃん、かわいくて、オッパイ大きくて、憂いな目。

 

たまりませんな~

こんな女子高生と一緒に暮らせるなら、叔父さんの方がどうにかなりそうだけど。

 

しかも、ゆいちゃんもエロかわいいけど、叔父さんもイケメン。

ああ、いいわね~

叔父さんと言ってもまだ30代半ばくらいよ。

男盛りそのものよ。

 

高校教師という立場上、表立ってエロい部分は出せないわね。

しかも、姪。

まあ、この叔父さん、真面目で誠実だから、ゆいちゃんのことはホントにそんな目で見たことなかったらしいけど。

 

つい、覗いてしまったものだから。

毎夜、オナニーしてるなんて思いもよらなかったことよね。

 

しかも、乱れて、おっぱいやお尻もチラチラ見えちゃってる。

覗き見てた叔父さん、ズボンがちょっと勃ちぎみだったわよ。

 

カラダが反応しちゃったんでしょうね。

何事もなかったかのように、接していくけど、やっぱり自慰していた場面が頭をよぎって・・

 

そりゃそうよ~

かわいがっていた姪が、

まだ子供だと思っていた姪が、

濡れ濡れになってオナニーしてるとこ見ちゃったんだもん。

 

忘れようにも忘れられないわよ。

自分もカ~ッと身体が熱くなって、悪いと思いながらも思い出だしてオナニーしちゃった!

て感じよ。

 

ゆいちゃん、そうとう性欲が増してたらしく、もうガマンできなくなって、

「叔父さん、たすけて・・・」

て言いながら、叔父さんのこと押し倒すけど、この展開もたまりません。

いきなり叔父さんのズボンの股間をさわり、

「ちょっと硬くなってる・・もっと硬くしてあげる」

「エッチなお汁でてきたよ」

くちゅ、くちゅ

ぺろッ ペロッ

 

ゆいちゃんのいきなりのフェラ

お父さんのエロビデオ見てやり方しってるって。

かわいい顔して、元々エッチなのかな?

 

叔父さんも戸惑いながらもされるがまま。

やっぱり気持ちよさには勝てないよね。

しかし・・・ゆいちゃんどうしたんだろう

次回、ゆいの身体はますます性欲を増し遂には・・

▼孕み神と憑りつかれた姪▼

\会員登録不要で読める!/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です